****************夏越しの大祓*夏詣前夜祭**************

     着付け教室  浴衣を自分で着られるようになりませんか?

 

   日程:平成30630日(土)夏詣前夜祭 時間:14301600

   会場:浅草神社社務所2F会議室または地下室 会費:500

   主催:ゆずり葉                         お申込はコチラへ

   持ち物:浴衣、帯(半幅)、浴衣下(または、キャミソール、裾よけ<ペチコート>、スポーツブラ)、
       紐2本(こうりんも可)、伊達締め1本、あれば帯板

 ****************************************************************

   浴衣の由来

    昔、武士や階級の高い方が湯を浴びる時、湯帷子(ゆかたびら)といわれる白い麻の着物を羽織っていました。
   それが現代の“浴衣”に変化したといわれています。また、夕方から着るということで、”浴衣“といわれる節も

   あります。
   昔は肌着代わりに着ていました。今では、外出用にも着られていますが、基本的には家の近くや花火大会などで

   着ることが望ましいです。

 

   着付けのポイント

   衿ぬき―こぶし一個分 お端折り―45cm 下前―床から12cm位 上前―床から10cm位

   着丈―くるぶしにかかる位 衿合わせ―のどのくぼみより1cm位下

   浴衣と帯選びのワンポイント

   浴衣が薄色地に濃い帯を合わせると足が長く見えますよ。浴衣と帯が同色にするとボケた感じになります。


**************5周年記念事業************

*七月一日「山開き」の風習を今再び!*

 

山伏と参詣*富士講お練り (参加費無料)
日時:
20187月1日 16:00〜
集合場所:浅草神社 境内 水参道 
*ご自由に参加いただけます!

内容:浅草神社さまにて、富士講出発式のち富士浅間神社さままでのお練り。
   浅草富士浅間神社さまにて、富士講セレモニー。
*特別ご開帳&山岳信仰講演&まちあるき*
富士講詣りと植木市&観音裏巡り今年五年目を迎える“夏詣”。

 

初年度より、清水市清水町の富士山の水のご協賛を得て、参拝の皆さまへ富士山の水をご提供してまいりました。

 

井戸洗い神事を含む、江戸の頃よりの山岳信仰の祈りや水への感謝を伝えるべく、浅草富士浅間神社さまへの参詣の帰りに“植木市”を楽しむというのが植木市発祥の由来でもあり、夏詣4年目には参道に連携幟も飾られました。

 

 

 

植木市開催日と重なる今年五年目は、山開きの71日にこの富士講の風習を後世に伝えるため、浅草富士浅間神社さまへの富士講お練りを開催。

 

 この日は同時に「富士講まちあるき」も開催。参加者は、浅草富士浅間神社さまに残る富士講の遺構のご開帳とともに、山岳信仰に造詣の深い専門家鈴木旭氏(NPO法人八潮ハーモニー 理事長)のトークショーの後、観音裏を巡り江戸の風情を楽しむ植木市へご案内いたします。

 

日時:20187月1日 16:00〜18:00(予定)   
集合場所:浅草神社 境内 水参道 
参加費:1000円 定員:15名 (事前予約)
内容:山伏と参詣*富士講お練りと同時にスタート。
富士塚登頂と富士講セレモニー参加。浅草富士浅間神社さま社務所内にて、 特別ご開帳と山岳信仰講演。
(浅草銘菓と富士山の水付き) その後観音裏を巡り、植木市の賑わいを堪能。

植木市にて現地解散。 お申込みはコチラ

*****都内「夏詣」神社めぐり*****

~新しい日本の風習「夏詣」が行われている、都内神社をご一緒に巡りませんか?~ 

 

都内「夏詣」神社巡り 参加特典付き(お楽しみに!)

開催日時:
①平成30年7月1日(日)午前9時〜午後6時頃

★1日のみ「月次際」参列頂けます!!
②平成30年7月2日(月)午前10時~午後6時半
集合時間・集合場所:
①平成30年7月1日(日):午前8時30分〜受付開始・浅草神社社務所前
②平成30年7月2日(月):午前9時30分受付開始・浅草神社社務所前
参加費:
平成30年7月1日(日)2日(月):5,000円(税込)
※お昼のお弁当が付いてきます!
※お支払いは指定振込口座にてお願い致します。
※上記金額には、保険料・交通費が含まれます。
※交通手段は当方が用意するバスでの移動となります。
定員:各日20名 ※申込先着順・定員になり次第締切、最終締切6月28日(木)
------------------------------------------
【申込方法】
[必要事項]氏名・年令・性別・当日つながりやすい電話番号・参加希望日を記載の上、
info@natsumoude.com 宛にメールにてお送り下さい。
予約完了後、確認メールをお送り致します。
万が一、確認メールが届かない場合は浅草神社(03-3844-1575)までご連絡下さい。

申込はコチラから
------------------------------------------
【振込先】
みずほ銀行 千束町支店
店番号:631
普通講座 口座番号:1096174
口座名義:浅草神社夏詣運営委員会
------------------------------------------
内容:
①平成30年7月1日(日)
秋葉神社(台東区)・矢先稲荷神社(台東区)・
元三島神社(台東区)・三島神社(台東区)・
銀杏岡八幡神社(台東区)・波除神社(中央区)・
亀戸浅間神社(江東区)•今戸神社(台東区)•五条天神社(台東区) 計 9 社

②平成30年7月2日(月)
下高井戸神社(杉並区)・上目黒氷川神社(目黒区)・
徳丸北野神社(板橋区)・上神明天祖神社(品川区)・
七社神社(北区)・天祖神社(豊島区)・大鳥神社(豊島区)
計 7 社

注意事項:
・交通事情により、予定の時程を前後する場合がございますので予めご了承下さい。
ご参加の方で食品アレルギーをお持ちの方は一度お問い合わせ下さい。(お弁当の内容についてお知らせ致します)

主催:浅草神社「夏詣」運営委員会
問合せ先:浅草神社 TEL:03-3844-1575


*****神楽殿*琴 特別体験ワークショップ*****

普段手に触れることのできないお琴を浅草神社さまの神楽殿にて体験しませんか?
 夏詣茶屋脇に“江戸の頃七夕飾り再現”が展示されているように、
七夕の短冊には、お琴や書道、お裁縫などの手習い事の上達を願う風習でありました。
夏詣期間の一週間限定で開かれる神楽殿で、貴重な体験ができるまたとない機会です。

日時:平成307月2日
13:00〜、14:00、
15:00〜、16:00〜 
*各回30分程度
集合場所:浅草神社 神楽殿  参加費:2000円 (事前予約)
主催:山水 美樹
お申込みはコチラ

*****小堀遠州流 東京支部 神楽殿茶会*****

慶安二年第三代徳川将軍家光公により、建立寄進された社殿浅草神社さま。
家光公とゆかりのある武家茶道 小堀遠州流 東京支部による神楽殿茶会が開かれます。

*********************************
年に数回のみ開かれる神楽殿の舞台にて、武家茶道のお点前を目の前で
見ることができます。
徳川三代将軍家光公にまつわるお話しとともに、
浅草の和菓子屋さんの上生菓子をご用意し、お抹茶とともにお愉しみ
いただきます。


日時:平成30年7月6日(金)9:00〜13:40

集合場所:浅草神社 境内 神楽殿前 

参加費:700円 


定員:一席15名、八席まで 

*ご予約の方は茶券のお席をお取り置き致します。

*ご希望の時間がございましたら、お申し込みの際に
コメント願います。

⑴ 9:00〜 、 ⑵ 9:40〜、 ⑶ 10:20〜、 ⑷ 11:00〜、
   ⑸ 11:40〜、 ⑹ 12:20〜、 ⑺ 13:00〜、 ⑻ 13:40〜 


主催:小堀遠州流 東京支部
 お申込みはコチラ

*****陰影礼賛 谷崎潤一郎の世界観から 満員御礼!*****

 

 今年の夏詣では、谷崎潤一郎が語る言葉だけでなく、外国人の目線が語る日本の森と暮らしを追い
かけた作品:長岡参監督の映画“産土”を見ながら、
暗闇の中で改めて日本の暮らしと向き合います。

趣旨:

 NPO法人江戸前21が、日本の風土に培われた歳時記や文化&風習を後世に継承する活動として継続しているテーマ

“陰翳礼讃”。

 

今年の夏詣では、谷崎潤一郎が語る言葉だけでなく、外国人の目線が語る日本の森と暮らしを追いかけた作品:

長岡参監督の映画“産土”を見ながら、第一部「森と限界」第二部「あたりまえの生活」暗闇の中で改めて日本の暮らし
と向き合うことと致しました。  

映画“産土” http://ubusuna-movie.com/

 

映画館での上映ではなく、浅草神社さまの神楽殿の和蝋燭の灯る暗闇で、“産土”を1部と2部で見て感じて、

私たちが後世に伝えるべき日本についてともに語り合いたいと思います。

*全国各地に消え去る日本の風景や風土&文化慣習を後世に残すため、“産土”キャラバン隊の取り組みに賛同&

ご支援いただける方を同時募集しています。

 

日時:平成30月6日 19:00〜20:30(予定) 集合場所:浅草神社 神楽殿

参加費:1000円 定員:15名 (事前予約) *ワンドリンクとおつまみ付き 

 

お申し込みはコチラ