江戸時代 七夕の伝統飾り再現


ダウンロード
江戸時代 伝統的七夕飾り再現
五色の糸 織り姫が機織をしていたので、また、陰陽五行説の五色。
供え物  夏から秋の野菜や果物など。
梶の葉  梶は楮のことで、紙の原料となる木。葉に歌を書いたりしました。
着物   七夕の飾り物として使ったほか、着物の虫干しの意味もあります。
たらい  織姫の星(こと座)を写したり、梶の葉を浮かべたりしました。
琴    筝の演奏の上達を祈って飾りました
江戸時代 七夕の伝統飾り再現.pdf
PDFファイル 7.0 MB